content06-halab


line アレッポの石鹸職人から line


「釜焚き製法」石鹸
二千年前からの石鹸造りの製法を大切に守り続けてきた伝統のある石鹸です。
原料であるオリーブオイルとローレルオイルを釜に入れて熱を加えて作ります。
月桂樹という木の実を搾ってとれるローレルオイルは大変貴重なオイルで、入れる量によってクラスが変わり、含有量が10%のノーマルと40%のエキストラがあります。
出来上がったばかりの石鹸の色は緑色ですが、自然乾燥による熟成期間を経る事で外側から飴色に変化します。


アレッポの石鹸職人からは2タイプ

どちらも原料のオイルは地中海地方原産のオリーブオイルとローレルオイル。違いはローレルオイルの比率です。多くなると高くなります。製法は同じです。添加物や香料は一切使われていません。昔ながらの釜焚きですので、石鹸をつくったときに出来る天然グリセリンがたっぷりと含まれています。

line 釜焚き石鹸シリーズ line

アレッポの石鹸職人から Nomal
ハラブ石鹸(アレッポ)ノーマル
ハラブ石鹸(アレッポ)ノーマル
ノーマルタイプ
ローレル10% オリ-ブ90%
ローレル(月桂樹)オイルの高い洗浄効果と、オリーブオイルの保湿効果でつっぱることなくさっぱりとしながらもその後しっとりとしてくる使用感です。

税込価格

540円(本体価格500円)

重量

200g※手作りのため重量に多少の差があります。

原材料

石鹸素地(オリーブオイルとローレルオイル)

製造発売元

(有)クロスロードトレーディング

アレッポの石鹸職人から Extra
ハラブ石鹸 (アレッポ)エキストラ
ハラブ石鹸エキストラ (アレッポ)
エキストラタイプ
ローレル40% オリーブ60%
とても希少なローレルオイルを贅沢に40%配合。ローレルオイルは肌や髪の毛に対し、消毒フケとりなど高い洗浄効果があるといわれています。さわやかな使用感です。

税込価格

864円(本体価格800円

重量

180g※手作りのため重量に多少の差があります。

原材料

石鹸素地(オリーブオイルとローレルオイル)

製造発売元

(有)クロスロードトレーディング

line 発祥地について line

ハラブ石鹸のこと

ハラブとは、商業都市アレッポのアラビア語名です。良質なオリーブオイルの産地であるハラブは、その豊富な原料(オリーブオイル)を使用し、2000年前からオリーブ石鹸を造り始めました。伝統的な釜焚き製法により造られたオリーブ石鹸ハラブ石鹸(アレッポ)は、オリーブ石鹸の中で、もっともオーソドックスな石鹸です。 伝統的なオリジナルの製法で、洗浄効果を高め、またその香りの良さは、天然の香料の役割を果たしています。 自然素材をベースに作られ、昔から世界の人々に愛用されてきた素朴な石鹸です。

原産国変更について

報道で周知されていると存じますが、石鹸製造地のアレッポ市が攻撃により、工場 、病院、学校などが破壊され多くの犠牲者が出ております。アレッポの石鹸職人達の多くはアレッポを去り国外へ避難し難民となり、一方で政府支配地域に移動し生産を続ける者に分かれました。弊社が仕入れている石鹸の工場は破壊された後、アレッポの石鹸職人達はトルコに逃れ難民となりました。言葉も通じないトルコで、石鹸職人達は様々な問題を乗り越え工場設立に至りました。幸運だったのは、アレッポでは困難だった原料のオリーブオイル、ローレルオイルの確保ができたことでした。それに加え、気候がアレッポとそれ程違わず、アレッポで作ってきたように製造出来たことです。品質管理においてとても重要でした。 そして、何よりも石鹸職人の皆さんの命の安全が確保出来たことが、トルコでの工場立ち上げと製造再開が実現できた最大の要因でした。アレッポの石鹸職人達は、トルコで難民生活を送っているシリア人を雇い、生活の支えになることに誇りを持って石鹸を作り続けています。多くの日本の皆さんは、シリア市民の支援になるという思いでこの石鹸を購入されています。この石鹸の利益はシリア市民を苦しめる紛争の資金になっていません。このことは日本の皆さんの思いを裏切らないことです。シリア市民への温かい支援の声をたくさん頂いております。とても感謝しております。

この石鹸の原料であるオリーブは平和、そしてローレルは勝利のシンボルです。 千年の歴史を持つこの石鹸は様々な危機を乗り越えてきました。 これからの千年も受け継がれていくことでしょう。 一日でも早く中近東の人々が平和に暮らせる日が訪れるよう、心より願っております。

              

line 石鹸の製法 line

ハラブ石鹸 アレッポの釜焚き製法
1.釜焚きにより熱を加え、水に溶けた苛性ソーダを入れ、約2日間かけて混ぜます。
2.固まっていない状態の石鹸をポンプで汲み上げて床に敷きつめた紙の上に流します。
3.1日かけて固まった石鹸をカッターチームがきれいにカットしていきます。
4.メーカーのスタンプを押していきます。
5.山積みにして自然乾燥させていくと最初は緑色だった石鹸が外側から少しずつ飴色に変わっていきます。
完成


line 使用と効果について line

ハラブ石鹸(アレッポ)にはローレルオイルとオリーブオイルが含まれています。ローレルオイルには高い洗浄効果があり、オリーブオイルの保湿効果で、数回の洗浄後もつっぱることなく、さっぱりとしながらもその後しっとりしてくる使用感です。オリーブオイルは汚れを落としつつ脂肪酸を補うというふたつの効果があり、これが洗い上がりのお肌に潤いを与えてくれる理由です。洗顔だけではなく、全身にも御使用になれます。水や温湯で泡立てて洗浄し、のちに洗い流してください。


line 石鹸の保管方法 line

オリーブオイルをたっぷり使用して造られた石鹸は、その成分として天然のグリセリンを多く含んでいます。グリセリンは水分を引きつける性質があるため、湿気の多い場所に保管すると、石鹸が水分を帯び柔らかくなります。長くお使いいただくため、乾燥した場所に保管することをおすすめ致します。

line 石鹸の原材料 line

原料のひとつ、ローレル(月桂樹)オイル

ローレルの実
 
「アレッポの石鹸職人から」の一番の特徴ともいえるローレル(月桂樹)オイルは、ローレルの木の実から搾られています。ローレルの原産は地中海沿岸です。地中海沿岸の国々にはローレルの自然の群落がたくさんあり、太古の昔から人々にとって身近な植物でした。また、薬として神聖な木として扱われてきました。多くの遺跡にローレルの葉が描かれている事からも人々とローレルの関係を垣間見る事ができます。オリンピックやスポーツの競技会で勝利者だけに与えられる月桂冠はまさに特別な木である事を証明しています。アレッポタイプのオリーブ石鹸には、必ずと言っていいほどローレルオイルが含まれています。


 

なぜローレルオイルが含まれているのでしょう

ローレルの茎と実
 

2000年の歴史を持つ中近東のオリーブ石鹸にはなぜローレルオイルが含まれているのでしょう。その理由のひとつとして、昔からローレルオイルには殺菌作用があると言われています。昔から薬として利用されてきたのは、第一にこの作用があったためでしょう。そしてもうひとつ、とても香りがよいということです。ローレルオイルを使うことにより、洗うだけの石鹸から、香りを残す芳香作用のある石鹸なのです。
また中近東はローレルの群落が多く、ローレルオイルが容易に手に入るという条件もそろっていました。しかし、ローレルオイルは大変貴重なオイルなのです。いくらたくさんのローレルの木があったとしても、100kgのローレルの実から採れるオイルは、わずか5kgだけ。このため昔から、 オリーブ石鹸に含まれるローレルオイルが多い程、高価な石鹸とされてきました。そして中近東ではオリーブ石鹸の事を、オリーブ石鹸とは呼ばず、「サボーン・ガール」=ローレル石鹸と呼んでいます。ですからローレルオイルは、アレッポタイプのオリーブ石鹸にとっては貴重な原料なのです。


ローレルオイルの採り方

ローレルの花
 
ローレルの木は楠の仲間の常葉樹です。4月に開花し、11~12月に実がつきます。そして実にオイルが貯まると、その実が緑から黒に変わり、人々に収穫の時期を知らせます。するとカサブ地方の人々はローレルの森へ行き、実を収穫し、すぐにオイル作りに取りかかります。
ローレルオイルの採り方は主に2つあります。
1)低温下で溶剤等の薬品を使用しないで採取する方法(セミコールドプロセス)で中近東は全てこの方法でオイルを採取しています。
少量しか採取できませんがフレッシュで良質なオイルです。このローレルオイルが石鹸に含まれる量によって値段が変わります。
2)高温下で溶剤等を使用し採取する方法。この方法は大量かつ容易にオイルが採取できます。
その後、不純物を取り除くためのフィルターにかけられ、石けんに使われるロ-レルオイルが出来上がるのです。

オリーブオイル

オリーブ
 

オリーブ発祥の地は中近東だと言われています。人類が歴史に登場する前から自生し、紀元前4~5000年頃より栽培され、そして紀元前2000年頃には南ヨーロッパや北アフリカに伝わっていきました。オリーブは干ばつに強いため、どのような土壌でも育つと言われています。
成長のための条件は
1)熱く乾燥した夏があること。
2)寒くて短い冬があること。
3)軽く雨が降る春があること。
最低限これらの気候条件が必要なのです。これらの条件はまるで中近東の気候を表わしているようです。

中近東とオリーブオイル

中近東のオリーブ
 

中近東には、家庭の庭でもオリーブの木を見ることが出来ます。オリーブの木、実、油、すべてが神聖な存在です。そして日常にいろいろな使われ方をされています。昔から地中海沿岸の国々では、食用だけでなく医薬品、または化粧品にと幅広く使われてきました。

「アレッポの石鹸職人から」のオリーブオイル


 
アレッポタイプの石鹸に使われているオリーブオイルは種まで搾ったオイルです。通常のオリーブオイル核分のオイルは含まれてます。その核分のオイルは穏やかな緑色と石ケン化しやすいオイルです。またはビタミンやスクワレンを多く含んでいる、実と種の成分をより残しております。ですから、石鹸の素材としてはとても向いているのです。その肌に良いとされる成分として挙げられるものは保湿効果のあるグリセリン、スクワレン、活性化を助けるビタミンA、ビタミンEなどが代表的なものです。オリーブオイルに含まれているこれらの成分が、洗った後のお肌のしっとり感をもたらしてくれるのです。