久しぶりの焼き立てホブズ

今年の夏は猛暑の中、会社の引越しに追われ一息つく間もなく、少し落ち着いてきたので久しぶりにシリアのレストランに行くことができました。

このレストランが気に入っているのは、ランチメニューの中には焼き立てのホブズ(中近東の主食でナンの同類)が食べ放題のところ。※写真:風船のように膨らんでいるのがホブズです。

シリアに行ったことがある方でしたらご存知の方も多いのでは。

現地のレストランであっても必ず焼き立てを出しているわけではありません。

ですから、日本で焼き立てを食べられることは現地の人間にとって本当にありがたい。

焼き立ては丸く膨らみ小麦のいい香りがして食欲が増してきます。

シリアのホブズはシンプルな味わいでどのシリア料理にも合い、おいしさを引き立ててくれます。

ホブズの事ばかり話しましたが、このお店は近くに各国の大使館が多く点在し、パーティー用の大皿料理も注文を受け付けているようで、以前は羊の丸焼きが目の前を通過するなど日本では珍しい料理も度々見られます。

とは言え、ランチメニューはお手頃でホブズ食べ放題のセットもあり、コーヒー、デザート付です。

どの料理も気取らない素朴なシリアの家庭料理が味わうことができます。

機会があれば是非一度、焼き立てホブズとシリア料理を食べて頂きたいです。

アラビアレストラン ゼノビア

http://www.zenobia-ib.com/

アレッポの石鹸職人から

中東の伝統的なお菓子

先々週、断食月のラマダンが明け、新年を迎えた様に「皆さんが健康でありますように」と言って家族や知人に挨拶をします。

そんな折、私の元に知人から大量のデーツ(ナツメヤシの実)が12kgも届きました。

中近東ではラマダン中やラマダン明けによくデーツを食べます。

栄養価が高くミネラルが豊富等、健康に良く中東の代表的な木の実です。

この時期のギフトとして贈られることの多い食品です。

届けられたデーツを当社スタッフに個装パック1kgを配りました。

1kgと言えばアレッポ石鹸5個分相当の大きさなのでスタッフは少し驚いていました。

日本の皆さんは甘さ控えめでなければ食べないから口に合うかちょっと心配でしたが、すっきりとしつこくない甘さが意外に好評でさらに1kgリピートしてくれました。

そのままのデーツも美味しいのですが、デーツを使った中近東伝統のお菓子もこの時期どの家庭でも食べられています。

ちょっと紹介させて下さい。

中近東の伝統的なお菓子、「アジュワ」。

クッキーの中にデーツをつぶした餡が入ったお菓子で、ラマダン明けに親戚や知人の家に行くと必ず出されます。

木型で色々な形をかたどり、この時期は家庭でもよく手作りされています。

日本の我が家には型がなかったのでシンプルに丸い形で焼き上げました。

飾り気のない素朴な味でしたが、嬉しいことに大好評でした。

故郷のお菓子を家族や知人がおいしそうに食べているのを見ていると「皆さんが健康でありますように」と、自然とそんな気持ちになるものです。

母国の情勢は一見静かな状況に見えますが、土地を追われた人々は安心して戻れる保証など全くないため母国で平和に暮らすという夢をいったんは捨てざるを得ません。

トルコに避難した石鹸職人達も今は母国に戻るという思いを今は封印しトルコで生きていく決意です。

 

ドイツに渡ったシリアの若者

実は私の兄弟の子供たち二人は、今ドイツにいます。

21才と22才の青年ですが約1年半前、シリアからトルコに渡りボートでギリシャ、そこからは徒歩やバス、列車を乗り継いでドイツに辿り着きました。この旅が甥っ子にとって初めての海外渡航経験でした。別々の時期にドイツに向かったため親戚同士といっても彼らは違う州に住んでいます。

“ドイツに渡ったシリアの若者” の続きを読む

石鹸職人へのインタビュー

見せかけの熟成に関し掲載をしてきましたが、やはりプロの見解をお客様にもお知らせしたく、石鹸職人へのインタビューを掲載します。

伝統の鎌炊き石鹸へのご理解をより深くお持ち頂ければ幸いです。

“石鹸職人へのインタビュー” の続きを読む

熟成と色について

   上)当社の石鹸:7ppm  下)色の濃い石鹸:69ppm

お客様から当社の石鹸が熟成していないのでは、という問い合わせがありその疑問解消のため、下記にまとめました。

外部検査機関による固形石鹸の一般検査一般的な固形石鹸を検査では重金属の項目があります。

上)当社の石鹸:7ppm  下)色の濃い石鹸:69ppm

“熟成と色について” の続きを読む

フェアトレードの意味と石鹸職人達

         アレッポの石鹸職人との食事会

フェアトレードジャパンによると、開発途上国の原料や製品を適正な価格で継続的に購入することにより、立場の弱い開発途上国の生産者や労働者の生活改善と自立を目指す「貿易のしくみ」と定義づけています。

“フェアトレードの意味と石鹸職人達” の続きを読む

石鹸工場視察の目的

弊社工場がアレッポで操業し内戦が始まってからは、石鹸工場の視察が行えていませんでした。

現在トルコに工場が移転してからは年に2回、石鹸作りのシーズン(12月~2月頃) と夏の石鹸の乾燥時期に視察に行くことにしています。この視察により石鹸への私の知識が深まるだけでなく、弊社の色々な要望を工場側に理解してもらう良い機会です。

“石鹸工場視察の目的” の続きを読む