アレッポ

アレッポの石鹸職人から
2月15日ABEMA TVで放送された番組を紹介致します。
先日、寄付を募っていたNPO法人 Stand with Syria Japan(SSJ)の理事長による、
シリア北西部支援が何故困難なのかなど今回の地震による国際支援の問題点や
彼らの現地活動を語っています。
日本のマスメディアではなかなか報道していない反体制派地域に住むシリア市民の声を届け続け、
地震直後から現地シリア北西部の現状の発信や支援活動を直接行っている日本で唯一ともいえる
NPO法人です。
2月16日現在では、やっと国連などの国際組織の支援も入ってきていますが、
地震発生後から1週間、シリア北西部への支援の許可を政権側に求めるという
滑稽で残酷な国際社会の行動に失望していました。
最近ではマスメディアでもSSJ理事長さんのインタビューが放送されることもありますが、
非常に短時間でこの団体の大切な意義が伝わっていない放送が多いように感じました。
紹介している番組ではネットならではの時間枠で比較的詳しく活動内容が語られておりましたので
皆さまにも是非知って頂ければと思いました。

-NPO法人スタンドウィズシリアジャパンHP-
https://standwithsyriajp.com/

-ABEMA TVの番組リンク-
https://abema.tv/video/episode/89-71_s10_p4511?utm_campaign=episode_share_cy&utm_medium=referral&utm_source=referral

シリア北西部

トルコ・シリアの大地震の被害は日を追うごとに深刻な現状が報道されています。
特に困難な状況心配されているのがシリア北西部です。
地震発生以前からシリア内戦の影響で大型重機、医薬品、水、食料、何もかもが不足しており、この大地震の発生でどの被災地よりも深刻な状況が報じられています。
シリア北西部への支援を積極的に行っている「NPO法人 Stand with Syria Japan」様が義援金を募っていますので寄付をお考えの皆さまご検討頂きますようお願い致します。

-NPO法人 Stand with Syria Japan-

https://syncable.biz/campaign/4228

トルコ南部の大地震の募金先をお考えの皆さまへ
アレッポの石鹸職人~

昨日(2月6日)トルコ・シリアの大地震が発生しました。
ニュースの映像から被害は甚大で、すでに多くの方々が亡くなられ、
私共も心を痛めております。
被災地の一つトルコ・ガジアンテップ在住のバラカートさんは
弊社が販売する石鹸職人さんです。心配のため連絡し状況を伺いました。
大変ショックを受けているものの家族全員無事とのことで本当に安心しました。
しかしながら、住んでいる集合住宅の壁などにヒビが入るなどしており避難しなければならないとのことでした。
石鹸工場は未確認のため状況は分かりませんが被害が小さいことを祈るばかりです。
日本から力になれることは本当に小さいのですが、募金先を皆様にお知らせしたく
下記に記載致しました。
どうぞよろしくお願い致します。
●トルコ南部の大地震の募金先をお考えの皆さまへ●
東京ジャーミイ•ディヤーナト トルコ文化センターにて
募金の受付を開始しております。是非ご検討下さい。
https://www.facebook.com/photo?fbid=564142402424781&set=a.554845863354435
アレッポの石鹸職人
Tokyo Camii & Diyanet Turkish Culture Center – 東京ジャーミイ•ディヤーナトトルコ文化センター

「トルコよ、私たちはあなたのそばにいます」 カフラマンマラシュ地震災害支援
トルコ南部の街・カフラマンマラシュとその周辺で発生した地震を受け、東京ジャーミイ・ディヤーナト トルコ文化センターを中心に、日本国内の各財団・協会のご協力を得て支援活動を開始する運びとなりました。
ご参加いただける皆様からのご支援をお待ちしています。

クレジットカードの場合は: donorbox経由でのご寄付はこちらクレジットカード

銀行口座へのお振込みはこちら:
三菱UFJ銀行
支店名:代々木上原支店 137
口座名:宗教法人 日本・ディヤーナト
口座番号:普通 0372654

ゆうちょ銀行
支店名:イチサンハチ 138
口座名:宗教法人 日本・ディヤーナト
口座番号:11340 – 06507331

新年あけましておめでとうございます。

昨年は多くの皆様にご愛顧頂きありがとうございました。
感謝の気持ち込めお正月クーポンを発行しています。
4000円以上のお買い上げの際にお使いいただける300円クーポンになります。
有効期限は1/6~1/20です。

本年もどうぞ宜しくお願い致します。

クーポンコード akeome2023
アレッポの石鹸

トルコの猫

日本では月額380円で、提携する保護猫シェルターが保護・飼育する猫を審査など特に行わず譲渡してもらえる猫のサブスク事業「ねこホーダイ」なるものが登場し、物議をかもしています。この事業に対しては否定的な意見が大多数で獣医師も警鐘を鳴らしています。

個人的にも今回の件のような猫を飼う事に対して極端に敷居を下げる様なサービスは裏を返せば簡単に手放す人も増えるということだと思うので反対です。ましてや猫は環境の変化に敏感な生き物です。

日本にも多くの愛猫家が存在していますし常々保護猫の問題に関しては議論されていますがなかなか有効な解決策は見つからず、殺処分数も犬とは反対に増えて行ってしまっています。

だからこそ、こうした問題を抱えている日本にすむ身としてトルコのイスタンブールを訪れたときは拍子抜けしました。そこではまさに人間と猫が共存している環境が実現していたからです。町のあちこちには猫や犬のための家やエサが設置されていて、レストランの店主がお店に顔を出した猫たちにご飯を与えている光景もよく目にできます。 さらに猫のための救急車が存在していたりと至れり尽くせりです。

当然こうした環境を日本で提供するには多くの課題があるため安易に見習うべきとは言えませんが、社会や地域全体で猫の面倒を見ることで野良猫として生きていきやすい環境を整備していくことは現在日本が抱えている猫に関する問題の解決策の一つになるのではないかと思えました。
猫にとって日本がより住みやすい環境になるよう、一人一人が猫に関心を持ち身近でできることをやっていけば少しずつ猫との共存の道は開かれると信じています。

最後に現地で撮影した見納めいただけると幸いです。今年もありがとうございました。

イスタンブールに住まう猫たちの写真(筆者撮影)

トルコの猫
トルコの猫
トルコの猫

カタール

カタールW杯ではこれまでのW杯ではなかった飲酒区域の制限がされました。具体的にはスタジアム内、スタジアム周辺での飲酒は許可されていないようです。
これには世界中で賛否の声が巻き起こり、議論されています。世界有数のビール生産国、ベルギーのサポーターなどは試合中にビールを飲めないことに落胆している方も多い一方であくまで試合観戦、自国の応援が目的なので問題ないと考えている方もいらっしゃるようです。
開幕二日前に突如アルコールの販売が不可になったということもあったから当初は比較的批判的な声が強かったように個人的には思えます。

一方W杯が順調に進行していくと治安や居心地の良さから徐々に評価され始めています。

こちらの記事では飲酒制限下のカタールW杯を成功とみなし、同様の制限をプレミアリーグの試合でも適用すべきだと主張しています。
EUROの決勝でイングランドサポーターが暴動を起こし、最終的には公序良俗違反、暴行そして飲酒を理由に100人以上の逮捕者を出したことを一例として挙げ、コラムニストは飲酒の制限はこうした問題の抑止力になると考えているようです。

個人的に幼い子供や女性も観戦にくる場所でお酒を飲むのは避けるべきではと考えています。今回のW杯のような老若男女問わず集まるイベントでアルコールが飲める環境を提供してしまうと自分をコントロールできなくなる人が出てきたときに非力な子供や女性、老人が危険に晒されてしまう危険があると思います。
誰でも安全に心置きなく試合を観戦、応援できる権利を確立するためにもこういったコミュニティではお酒は制限されても仕方ないのではないでしょうか。

日本と同様にタバコやお酒に高い税率を課している国は少なくありません。
これにはタバコやお酒によって社会的に負の影響を及ぼすことが考慮されているからだとおもいます。こういった点からもお酒もふさわしい場所、居酒屋や自宅などで楽しむのが一番だと思いました。

最後になりますが日本代表、お疲れさまでした。多くの感動を頂きました。今はゆっくり休んでいただいてこれからも日本代表として活躍していってほしいです。

引用記事

https://inews.co.uk/opinion/qatar-alcohol-free-world-cup-ban-booze-premier-league-games-2010187

アレッポの石鹸

ドラマティックな試合内容で、早朝から日本全国沸き立つような勝利でした。


コスタリカ戦に負けてからのスペイン戦は、ムードも良くなくメディアも負け予想がほとんどでしたが、ドイツ戦よりもさらに成長した戦いを見せてくれた選手たちに心から拍手を送りたいです。


日本の応援団の皆さんも現地カタールでとても人気があり、現地ボランティアとの交流の映像も感動的でした。彼らの行いが日本の勝利を引き付けているかのようです。


引き続き応援できることがとてもうれしく、再度、勝利を祝う気持ちで今回は300円クーポンを発行いたします。
お買い物の際はどうぞご利用下さい。

クーポンコード omedetou16


頑張れニッポン!!!

日本代表 勝利記念クーポン

中東諸国で初めて開催されている2022年カタールワールドカップ

中東諸国で初めて開催されている2022年カタールワールドカップ。 

アレッポの石鹸職人も私たちもカタールでの開催を大変喜んでいたところでした。 

そして11月23日、日本代表チームが強豪国ドイツに勝利しました。 

日本の皆さんおめでとうございます。 

試合前は、ドイツに勝つことは困難。負けるか引き分けがやっととの予想が大半だった中、大変大きな勝利をもたらしたことは世界でも驚きの素晴らしい勝利でした。 

中東諸国の人々も日本の勝利を大変喜んでいます。 

この勝利を祝う気持ちで200円クーポンを発行いたします。 

クーポンのコードは:panzei01 

使用期限は2022年12月12日まで。 

オンラインショップ:アレッポの石鹸職人から

お買い物の際はどうぞご利用ください。 

シリアのアレッポの石鹸職人カタールW杯開催を受け、11月19日シリア北西部イドリブで300人以上の子供たちが集い「子供たちによる子供たちのためのW杯」がで開催されました。

イドリブに避難している子供たちが出場国の代表選手になりきってサッカーを楽しむというイベントです。

ごみ処理場で働く12歳の少年は「僕はスペイン代表としてこのW杯で優勝したい」と語っていました。

2011年にシリア内戦が勃発してから今に至るまで、50万人が死亡数百万人が避難しています。今回こうしたイベントが行われたイドリブも300万人以上が住んでいた地域でしたがその半数以上が避難を余儀なくされています。

イドリブで行われたW杯を主催したNGOヴァイオレットのイブラヒム・サルミニ氏は「このイベントの目的は子供たちのスポーツ活動を促進することと、内戦の影響で家を追われた子供たちに際的な注目を集めること」だと語っていました。

シリア内戦が長期化してしまったこともあり、日本国内メディアでは殆どその状況については報道されなくなってしまいました。

サルミニ氏が語っていることからも、私たちがシリアでは今でも子供たちが苦しい状況の中でも頑張っているということを周囲に広めるだけでも支援に唾がるのではと思いました。

有難いことに弊社の商品をご愛用いただいてるお客様の中には、いつもシリアの情勢の事を気にかけて下さる方も多く、そういった気遣いがアレッポの石鹸職人たちの励みになっています。

シリアに再び平穏な日々が戻るためにもシリアの現状や出来事を知り、広めていかなくてはと今回のニュースで改めてそう感じました。

引用記事
AFP

https://www.aljazeera.com/news/2022/11/19/children-in-syrias-idlib-hold-their-own-world-cup;

トルコのお寿司

その日の昼食を求めてスーパーマーケットに立ち寄ったところ、日本では見慣れているものがトルコでも陳列されていました。 

日本食も恋しくなってきていた時だったのでこのお寿司のセットを購入しました。 

トルコは漁業が盛んで特にマグロやエビ、貝類などが多く取れています。ですので店頭でお寿司がこうして売られていることも珍しくありません。 

肝心の味ですがやはり日本のお寿司と同じものとは言えませんでした。

個人的には、酢飯がはっきりしない味だったり醤油の味も日本のものとは違うように感じました。そして何より力任せに巻いたのかシャリが堅かったのが印象的です。

それでも長期滞在しているとどうしても日本食が食べたくなってしまうので気軽に食べれる環境にあるのは助かりますね。

皆様もトルコに行った際は是非日本のお寿司との違いに注目しながら召し上がってみてください。