カタールW杯での飲酒の制限は正しかったのか

カタールW杯ではこれまでのW杯ではなかった飲酒区域の制限がされました。具体的にはスタジアム内、スタジアム周辺での飲酒は許可されていないようです。
これには世界中で賛否の声が巻き起こり、議論されています。世界有数のビール生産国、ベルギーのサポーターなどは試合中にビールを飲めないことに落胆している方も多い一方であくまで試合観戦、自国の応援が目的なので問題ないと考えている方もいらっしゃるようです。
開幕二日前に突如アルコールの販売が不可になったということもあったから当初は比較的批判的な声が強かったように個人的には思えます。

一方W杯が順調に進行していくと治安や居心地の良さから徐々に評価され始めています。

こちらの記事では飲酒制限下のカタールW杯を成功とみなし、同様の制限をプレミアリーグの試合でも適用すべきだと主張しています。
EUROの決勝でイングランドサポーターが暴動を起こし、最終的には公序良俗違反、暴行そして飲酒を理由に100人以上の逮捕者を出したことを一例として挙げ、コラムニストは飲酒の制限はこうした問題の抑止力になると考えているようです。

個人的に幼い子供や女性も観戦にくる場所でお酒を飲むのは避けるべきではと考えています。今回のW杯のような老若男女問わず集まるイベントでアルコールが飲める環境を提供してしまうと自分をコントロールできなくなる人が出てきたときに非力な子供や女性、老人が危険に晒されてしまう危険があると思います。
誰でも安全に心置きなく試合を観戦、応援できる権利を確立するためにもこういったコミュニティではお酒は制限されても仕方ないのではないでしょうか。

日本と同様にタバコやお酒に高い税率を課している国は少なくありません。
これにはタバコやお酒によって社会的に負の影響を及ぼすことが考慮されているからだとおもいます。こういった点からもお酒もふさわしい場所、居酒屋や自宅などで楽しむのが一番だと思いました。

最後になりますが日本代表、お疲れさまでした。多くの感動を頂きました。今はゆっくり休んでいただいてこれからも日本代表として活躍していってほしいです。

引用記事

https://inews.co.uk/opinion/qatar-alcohol-free-world-cup-ban-booze-premier-league-games-2010187


友だち追加