content14-aleppo_hanashi

アレッポの石鹸の話


~ アレッポの石鹸の原料について ~

アレッポの石鹸の成分は主にオリーブオイルとローレル(月桂樹)オイルです。

オリーブオイル
アレッポタイプの石鹸に使われているオリーブオイルは種まで搾ったオイルです。
そのオイルは緑色で石ケン化しやすく、ビタミンやスクワレンを多く含んでおり、
実と種の成分をより含んでいる為、石鹸の原料としてとても向いているのです。

肌に良いとされる成分として挙げられる代表的なもので、保湿効果のあるグリセリン、スクワレン、
活性化を助けるビタミンA、ビタミンEなどがありますが、これらの成分がオリーブオイルに含まれており、
洗った後のお肌のしっとり感をもたらしてくれるのです。

ローレル(月桂樹)オイル
ローレル(月桂樹)もまた地中海を代表する植物。
生産地域はローレルが広く自然自生していたトルコやシリアなどの地域で、
現在多くのローレルオイルを生産しているのはトルコと言われています。

ローレルの実からとれる暗緑色のローレルオイルは、肌にも良く香りも良い為、
この地域の石鹸の原料として用いられるようになり、その原点は昔の人々のアイデアからでした。

ローレルの葉はその特有な芳香成分から食材の臭み消しや料理の風味づけに用いられ、食欲増進の効果があり、
ローレルの実から採れるオイルは、皮膚病の薬や芳香剤として使われ、
大量に生産できないため限定的に大切に使われてきました。

さらに詳しい内容はこちら



~ 釜焚き製法 ~

石鹸の発祥地であったアレッポは、石鹸の産地としても知られるようになったことで大量に生産することが必要となります。
それを可能にしたのが釜焚き製法でした。
釜焚き製法は、原料のオイルとアルカリを一つの鍋に大量に入れ、鍋の下から加熱し原料をじっくりかき混ぜ、
その後大きな型に流し込んで石鹸を作る製法です。

さらに詳しい内容はこちら


~ 石鹸工場の見分け方 ~

アレッポの石鹸の見た目は茶色で四角い形をしていて、一見どれも同じ石鹸に見えます。
それがアレッポの石鹸の一番の個性でもあります。
アレッポには多くの石鹸工場があり、どの工場で作られた石鹸であるかを判別するため石鹸には必ず刻印が押されています。
包装や容器が現在のように豊富になかった時代から刻印を押すことが義務付けられ、そして工場主達は代々その刻印を引き継いできました。


~ シリア危機により石鹸工場が破壊 ~

2011年にシリア内戦が激化し、アレッポの石鹸工場が多く集まる東地区が攻撃を受けました。
多くの人命が失われ、住居、病院、学校等、建造物の殆どが破壊されました。
そして石鹸工場もその攻撃を逃れることはできず、2013年には殆どの石鹸工場は事実上、操業停止状態となりました。


~ アレッポの石鹸職人達はどこへ ~

この頃、多くのアレッポ市民は国内に留まるか国外に避難するかの二つの選択を迫られ、
アレッポの石鹸職人達もやむを得ずアレッポから避難しました。

国外に避難することで弾圧から逃れる者、国内の安全な海岸近くに移転する者等に分かれました。
国外に避難する際は、飛行機を利用できる訳ではなく殆どの人々が車を使い、車を持たない人は徒歩で国境を超えました。
小さな子供やお年寄りが同伴する家族は、一番近いトルコに避難したケースが多かったようです。
当社の石鹸を製造するバラカート社の人々もトルコを選びましたが、ヨーロッパに渡った石鹸職人もいました。

トルコでの避難生活が始まると、たくさんのアレッポの石鹸職人達がトルコに避難していることを知りました。
バラカート社を始め、どの石鹸職人も家族を支えなければなりません。
自分達に出来るのはシリア伝統のアレッポの石鹸を作り続ける事と立ち上がり、自力で石鹸工場を設立。
トルコには石鹸作りに必要な原料があり、気候もアレッポと殆ど違いがなく石鹸作りに適していたことは幸運でした。

現在では、アレッポの石鹸職人の工場はガジアンテップに6軒程あります。
バラカート社同様、自力で工場を再開させています。